偶然飛び込んだ世界で知った舞台鑑賞という夢物語

私の趣味は、舞台鑑賞です。
高校時代に先輩に誘われて演劇部に入部して以来、演劇の魅力にハマってしまいました。
演劇の良いところは、なによりも生身の人間が自分の目の前で役を演じるところにあります。
映画とは違い、リアルな感情がそのまま音響と共に目や耳だけではなく、その劇場の熱気からも伝わってくることに大きな感動と衝撃を覚えます。
しかし、映画と演劇では違うように感じられる方もいるでしょうが、実は全く共通点がない訳ではありません。
先程少しだけ述べたように、映画は予め映像に残しますが、演劇では舞台上で生放送と同じように観客の目の前で演じることになります。
一見違うように見えるこの二つですが、どちらも役者自身がその役を愛し、理解し、台本に書かれている台詞を自分のモノとし、息を吹き込んでいく過程は同じように感じます。
そのような過程は、公式サイトなどで役者やスタッフの手により垣間見ることが出来ることもあります。
そのような過程を知り、一つの舞台が出来上がるまでの労力と地道な努力に思い馳せながら観るのも、また楽しみの一つです。
この魅力にハマってしまって以来、もう観劇という趣味から抜け出せなくなってしまいました。車査定 無料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です