読書をすることで広がっていく世界や人生の楽しみ

読書を趣味に挙げる人はかなり多くいると思うが、それは言うことに対して、安易な趣味であるということもあると思います。
しかし、読書は実際、実になる趣味であるし、時間は人によってはかかるだろうが、お金という意味ではそこまでかからないものです。
また、読書の良い面として、自身の知らないものを今まで以上に知ることが出来ること、また、自身の世界や考え方を深められることも挙げられます。
その中で、まず、小説というジャンルはそのとっかかりとして、良いものだと考えます。
登場人物の考え方、物語に隠されたメッセージ、なにより自分にない経験を感じられることは非常に充実したことになるでしょう。
また、新書や知識の入っている本は読者の世界を変えることになると思います。
小説も読者の世界を変えるという面では同じだと考えていますが、その情報量は明らかにこちらの方が上です。とはいえ、人生観という意味では小説には敵わないのではとも思っています。
ただ、世界やその人を変えるにはこちらの方が有利なのは確かです。どちらにせよ、私たちの人生を豊かにすることは間違いないことだと考えています。
読書というのは、確かに簡単な趣味でもありますが、これほど、人間の世界に根付いているものはないでしょう。車買取 一括査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です