夜ごはんで実践置き換えダイエット

朝昼夜、いつ置き換えるかを考えた時に、一番エネルギーの必要でない夜を選択しました。
いつものご飯を何か別の低カロリーなものに変えるのが置き換えダイエットです。

夜はもう寝るだけなので、ガッツリ炭水化物や油物などを食べてしまうと、エネルギーとして消費されずに脂肪となって蓄積されてしまいます。
たくさんのメーカーから置き換えの食品や飲料が発売されていますが、私は身近にある食品で実践しました。
脂肪0と表示のあるヨーグルトです。
夜は脂肪0のヨーグルトのみ。
初めはのどごしも良く、あまり食べた気がしないのでもっと他のものが食べたいと思いましたが、何日か過ぎてしまえば気にならなくなりました。
今まで頑張ってきたのにここで食べてしまったら努力が無駄になる、という意識も働き始めます。
人間は約2週間で食習慣に慣れてしまい、以前食べていたものも欲さなくなってくるそうです。
置き換えダイエットを始めてからは、無駄に夜ふかしをすることがなくなりました。
起きていれば起きているほどお腹がすいてくるからです。
早く寝るようになればその分早く目が覚めるようになり、少し健康的な生活にもなりました。
そして肝心の体重ですが、夜にほとんどカロリーを取らないためか割とすぐにすんなりと2、3キロ落とすことが出来ます。
お通じも改善されました。
酵素ドリンク 飲みやすい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です