高齢になると不妊になるのはなぜ?

今でこそ、高齢でも出産する女性は多くなりましたが、一般的には高齢になると妊娠しづらくなると言われます。

特に高齢で不妊症に悩んでいる方も多いですしね。

では、高齢と不妊にはどんな関係があるのでしょうか?

まず、高齢出産とは35歳以上で出産することを指しますが、35歳を過ぎたからといって突然不妊になるわけではありません。

現在は、高齢出産する人は珍しくありませんし、元気な赤ちゃんが生まれていますからね。

ただ、高齢になると卵巣の機能もどんどん衰えていくため、不妊と全く関係がないわけではありません。

高齢になると、あわせて卵子も老化しますから、卵子の排出ができなくなったりするケースもあります。

また例え受精できたとしても、うまく着床できない場合もありますし、高齢になることで子宮筋腫などの病気も多くなります。

そういったことで、女性は30を過ぎた頃から、うまく妊娠するための機能が低下していくので不妊になる可能性がでてくるのです。

また女性に多い冷え性なども高齢になると酷くなるので、血行が悪くなることも不妊につながると言われます。

不妊もそうですが、高齢になると流産の確率も高くなりますし、妊娠中毒症の可能性も高くなります。

医療が発達したとはいえ、人間の体はそんなに早く進化するものでもありません。

なるべく若いうちに妊娠して出産することが望ましいといえるでしょう。

baby葉酸 楽天

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です