妊活中はお酒を飲んでいいの?控えるべき?

妊娠中、授乳中の女性は、お酒を飲むこと、アルコールの摂取は控えてくださいと言われていますよね。それは、妊娠中の女性がアルコールを摂取すると、おなかの中にいる赤ちゃんにまでアルコールの成分が伝わり、「胎児性アルコール症候群」を引き起こしてしまうからです。胎児性アルコール症候群とは、生まれてくる赤ちゃんが奇形や低体重になってしまう症状です。また、授乳中の女性がアルコールを摂取すると、母乳にアルコールの成分が入り込み、その母乳を飲んだ赤ちゃんに使わってしまいます。妊娠中や、授乳中はアルコールを飲んではいけません。

では、妊娠超初期はどうなのでしょう?生理が来て、次の生理が来るまで約1ヶ月。排卵後から次の生理まで、気づかずに飲酒してしまうこともありますよね。妊娠の超初期の段階で飲んでしまい、後で妊娠がわかったとしても、自分を責めないでおきましょう。妊娠に気づいた時点でお酒をやめましょう。

次に、妊活中の飲酒はどうでしょう?アルコールは、体にとって異物なので、摂取すると分解しなければなりません。その時に発生するのが、活性酸素です。活性酸素は、細胞を刺激し、老化させてしまう性質があります。その結果、卵子や精子、生殖器を老化させてしまい、妊娠しやすい体作りができなくなってしまいます。活性酸素を除去する効果のある、ビタミンEを摂取していても、アルコールをたくさん飲むと、活性酸素が増えるので意味がありません。

といっても、お酒が大好きで、お酒を飲まないとストレスが貯まるという人は、過度な飲酒でなければ大丈夫です。1日1杯ぐらいのお酒なら、飲んでも良いです。しかし、質の高い卵子や精子、生殖器を作るのでしたら、飲酒はできるだけ控えたほうが良いと言えます。飲み過ぎは、妊娠から遠のいてしまいますよ。

ベジママ ベルタ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です