バスケと身長と運動能力

バスケ・・・はじめたのは中学生の頃。
背は低い方。
だがチーム内では背が高いほうなので、センター。

最悪なパターン。

自分よりも低いセンターと対戦したことがないというくらい
驚くほど小さいセンター。

チームも小柄。

そこはなにでカバーしたのかというと、運動量。

走って走って走りまくったバスケ。

中学時代には対戦相手の5人がすべて180センチ以上という
驚くべき背の高いチームと対戦したことがあります。

まあ背が高いだけで、チームとしての能力は高くなく、
ギリギリ勝ちましたが、本当にリバウンドは取れないしきつかった。

中学生くらいになると背が高いチームもちらほらあり、
こういったチームとの対戦が本当に苦痛でした。

運動能力がものすごく高いならいいですが、そうではないチーム。

厳しい練習をしてきただけに、テクニック的には
どこにも負けないくらいな自信はありましたが、
結局、技術がそれなりにあり背が高いチームと当たるとどうにも
勝てないという結果になっていました。

もう少しで決勝までいけるのに・・・というようなところで
負けてきた中学時代。

あの時、自分がせめて180センチあったら、
また違ったんだろうなと昔の思い出を振り返ったりする
事も多々あります。

まあいまとなっては良い思い出。
子どもにはスポーツが好きなら、がんばりたいなら
それなりの身長と体格を持ってもらえると嬉しいなと思う私です。

ドクターセノビル 楽天

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です