高校3年生の時に河合塾で受験勉強をした話

そんなに勉強が好きだったわけではありませんが、さすがに高校3年生の1年間だけは受験勉強を頑張って最後まで続けたと思います。その目的は地元の国立大学に入学したという友人が周囲に3人もいたので、落ちこぼれたくないという気持ちが強かったと思います。ですが3年生になる前の2月の時点で、彼らと大きな差があることに気づかされる事件がありました。なんと私だけ、入塾試験で落ちてしまったのです。他の3人は合格していました。仕方なく私は再試験を受けました。ですがなんとまたまた不合格だったのです。これは完全に失意のどん底に落とされました。ですが悪いのはそれまで勉強を怠っていた自分です。再再試験を受けるために1週間ほど猛勉強をしました。するとその成果があって、やっと河合塾に入れてもらえることとなったのでした。苦労して河合塾に入ったので、絶対に思いっきり勉強してやろうと考えていました。これは冬場の2月まで続きました。河合塾に2回も落とされたら、さすがに尻に火がつきました。日曜日と月曜日は英語でした。火曜日は古文でした。水曜には現代文でした。木曜日は数学でした。金曜日と土曜日は自室でラジオ講座を聞いていました。その甲斐があって、同志社大学英文科に合格したのですが、家計の事情で地元の国立大学に行くことになりました。

車検 車査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です