日本の代表的な食文化そばとうどんの栄養

そばとうどんはとても栄養価のある食べ物ですが、どちらがより栄養があるのでしょうか。

そばには、古くなった血管が新しくきれいな血管へと若返る効果、また、高血圧や糖尿病の予防・改善などにも効果が期待されるタンパク質やポリフェノールの一種である「ルチン」という栄養素が多く含まれています。そして、そばを茹でて溶け出てしまった栄養成分も一緒にそば湯を飲むと摂取することができます。さらに、食物繊維やビタミンも豊富に含まれ、体力の低下やイライラの予防効果も期待されています。

うどんには、食物繊維や糖質が多く含まれています。麺類の中では、胃の中に留まる時間が短く、消化できる糖質の割合が大きいため「胃にやさしく消化・吸収されやすい」と昔から言われ、風邪を引いたときや胃の調子があまり良くない時などに食べると最適だと考えられています。また、うどんは体に吸収されやすいのでまだ胃の消化の働きが十分ではない赤ちゃんの離乳食に利用されています。食の細くなった高齢者の方々などにもやさしく、エネルギーに換えやすいと言えるでしょう。

そばとうどんは、どちらも日本を代表する伝統的な食文化として認識され、私たち日本人には欠かせない麺料理です。そばとうどんにはそれぞれの良さがあります。
時と場合を考えながら、バランスのとれた食べ方を心掛けるとより良い栄養となるでしょう。

走行距離 車査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です