幼児教育の重要性について

人間というのは、生まれてから死ぬまでずっと勉強だと言われていますよね。

確かにそれは正しいかもしれませんが、実際はどうなのでしょうか。

人生というのはどんな場面でも勉強することが全く違いますが、その時期にあった勉強をすることではじめて勉強の効果があるのだと思います。

でも人間が一番成長するのってやはり幼児期だと思います。

幼児期というのは、大人になってからとは違って、必要を感じて学ぶことはありません。

あくまでも親が子供に教える、というスタイルですよね。

これがいわゆる幼児教育といわれるものです。

幼児というのは頭が柔らかくて、とにかくなんでも吸収する力があります。

「三つ子の魂百までも」といわれるくらい、この時期に人間としての人格や知識の土台が形成されるというのも納得です。

ことわざだから・・・といって侮るなかれ、科学的にも、人間の脳は産まれてから2歳までに全体の6割が形成されるといわれています。

そして6歳になると9割の脳が形成されるのです。

ちなみに、脳には右脳と左脳があるのはよく知られていますが、左右の脳というのはそれぞれの役割があり、右脳は直感的な能力、左脳は論理的な思考能力を司っています。

この右脳と左脳をバランス良く育てることによって、それぞれの能力が高まります。

あくまでもバランス良く左右の脳の能力をバランス良く育てることが大切なんですね。

この重要な発達段階な幼児期に、いかに左右の脳をバランス良く発達させるかが、その後の人生や将来にわたって大きな成果として現れるため、幼児教育が現在おおきく注目されている所以なのです。

教育という言葉には「教える」という漢字が含まれていますが、これはなんでもかんでも教えればいいということでは意味ではないと思います。

教育には、当然ながら受ける側の考える力を養うことも含まれています。

幼児教育ではこれが顕著に表れ、この時期に自分で考える力を養うことは大変重要だとされています。

ベジママはお試し価格で購入できるの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です