野球

中学校で高校受験などの将来に問題などがあるが私は地元の高校に進学することにした。勉強が嫌いだった私は地元の高校へ進学するために勉強したのかあまり覚えていないが受験して見事合格したのだ。もちろん高校でも中学の仲間と野球部に入部しようと思っていた。そんな春休み、友達の兄が野球部に入っていた。その友達から春休みに練習にこないかと誘われた。そして、

野球部の体験へ行ったのである。その日からバッティング練習や守備の練習にも参加した。次の日は日曜日で練習試合があるとのことであった。その日まだ入学もしていない新一年生で練習試合で相手高校と戦うことになった。

結果はなんと勝ってしまったのである。これはどういうことなのか相手が弱い高校であったが、高校生に勝ってしまった私たち(笑)。そして、高校へ入学して野球部へ入部した。しかし、これからが大変であった。中学校時代とは比べものにならないほどの練習量であった。毎日毎日夜遅くまで練習が続いた。こんなに練習しないとダメなのかと思った。特に冬の練習はボールを使う練習がない基礎的な体力トレーニングや走ることの毎日であった。本当に何度もやめようかと思った。

しかし、一年生の新人戦では、強豪校と互角以上の闘いで破ったりとなかなか強かったのだ。やはり試合とかで勝つ喜びは野球続けてよかったと思った。そんな一年生でした。

ガリバー 車を高く売る方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です