転職エージェントの活用

私は転職経験が2回あります。2回の内、給与面・転職後の業務・入社後のギャップの少なさ等の観点で納得度が高かったのは、2度目の転職なのですが、1度目と比べて活動の仕方を変えた点があります。複数の転職エージェントを利用したということです。
実際に3社程のエージェントを利用しました。エージェントの数を増やすと、面談調整や諸々の連絡だけでも負荷が大きくなるのは確かなのですが、それ以上にメリットがあると考えています。
メリット① クローズドの案件が異なる
エージェント毎に抱えているクローズド案件が異なります。
Web上で公開されている案件は、広くあらゆる人に訴求効果のあるものが多い、もしくは不人気案件でとにかく広く網を張っている案件という傾向があるように思いますが、クローズド案件は特定の経験やスキルに特化したものも多いように思います。自身の希望やキャリアイメージ、経験等を踏まえエージェントが提案してくれるので、思わぬ掘り出しモノ案件や、検討していた業界や業種以外のものもあったりします。これらクローズド案件は、パイプの強い業界や企業から受けている、また、エージェントと求人企業の管理職・役員クラスなどが個人的に繋がっていて依頼を出しているものなどもあるので、エージェント毎に持っている案件が異なります。
メリット② エージェント間の比較ができる
転職活動の期間は、エネルギーも費用もかかります。活動時期はできるだけ短くし、納得のいく活動をしたいものです。パートナーとなるエージェント担当者の対応力で、転職活動期間の長さや結果そのものが左右されるといっても過言ではないと思います。担当者との相性もありますし、先にあげたように持っている案件も多種多様。今の自分とマッチした担当者を会うまでは、エージェントを鞍替えしても良いと思うくらいです。

初めて転職活動する際は、エージェントへの情や申し訳なさから、使うエージェントを絞るケースも多いかと思います。でもそこは「相手も仕事!」と開き直って、色々なエージェントを活用していきましょう。得られるものが多いはずですよ!

看護師 転職

人生で最も多忙だった時期

大学生の頃に新卒での就職活動を行っていた私は、毎日のスケジュール調整に頭を悩ませ続けました。
3回生の秋口から就職活動を開始して4回生になった頃に就職活動を終えましたが、その間日々講義に出席しつつその合間に企業の説明会・筆記試験・面接を繰り返し、深夜や土日にはアルバイトを行っていました。
どうしても受けたい企業の選考と履修している講義の時間が被っていしまっていた時は、出席日数を計算して単位が取得できる範囲までなら欠席したり、教授に事情を説明して出席できなかった部分をレポート提出などの違った形で埋め合わせしてもらったりしました。とはいえ、レポート作成だけでなく就職活動で使用する企業ごとのエントリーシートや履歴書の作成。そしてアルバイト。夜勤のアルバイトに行ってから朝自宅へ帰って3時間仮眠した後に大学や企業の面接に向かうこともしょっちゅうでした。
今の大学生がどれくらいの企業の選考を受けるのか存じませんが、私の頃でも50社~100社と受けている学生はざらにいて、私自身も就職活動を終えるまでに100社近くの企業の選考を受けました。結果的に複数の内定を頂くことができ早い段階で就職活動を終えることができましたが、平日はほとんど毎日複数社の説明会や選考に足を運んでいました。
今振り返っても社会人となった今以上に忙しい毎日でした。
そんなことをしているといくつかの企業の選考が同じ日時でバッティングしてしまうこともしばしばあり、バッティングした中で優先順位の低いと判断した企業にお断りの電話をすることも度々あって悔しい思いをしました。
1回生や2回生のうちから事前に対策を練って準備しておけばもっとゆったりとした就職活動のプランが組めたのかもしれません。
今の仕事に不満はありませんが、もっと計画的にスケジュールを組むことができていれば今と違った人生があったのかなとふとした時に思います。
何事においても余裕を持って挑むことの大切さを就職活動で学びました。

医師 転職 産業医 女性 ママ

国際技能検定に合格したのが最近の嬉しい出来事

最近、ちょっと嬉しいことがありました。それは、受験した国際技能検定、国旗の1級に合格したことです!受験した動機は「何かしら簡単な検定の1級を持ってたらすごいと思われそう」という適当なものでしたが、それでも受かると結構嬉しいものなのだと久々に思いました。勉強してその結果が出るというのは何年振りかなので、学生時代に感じたことを忘れていることに気づきました。勉強と言っても軽いものなのでそこまでの努力はしていないのですが。合格したからなんだということもなく、持っているから何に活かせるということもないのですが、自分にスキルが1つ備わった証拠をもらえたような気持ちになるのは良いなと思います。
本当はサークルでも入って球技がやりたいのですが、社会人向けの習い事はとても少ないですし、サークルも時間が仕事と被っていけなかったりします。だから諦めて資格でも取ってみようかという流れから辿り着いたものでした。
検定って、調べてみると結構面白いものがあるのですね。チョコレート検定だとか、特定のアニメ検定だとか、かなりコアなものがありました。それで受験料をとっても人が集まるのかなあなんて要らぬ心配をしてしまうほど。私はイギリス検定があったら受けたいなと思います。
クラチャイダムゴールド 男性不妊