転職エージェントの活用

私は転職経験が2回あります。2回の内、給与面・転職後の業務・入社後のギャップの少なさ等の観点で納得度が高かったのは、2度目の転職なのですが、1度目と比べて活動の仕方を変えた点があります。複数の転職エージェントを利用したということです。
実際に3社程のエージェントを利用しました。エージェントの数を増やすと、面談調整や諸々の連絡だけでも負荷が大きくなるのは確かなのですが、それ以上にメリットがあると考えています。
メリット① クローズドの案件が異なる
エージェント毎に抱えているクローズド案件が異なります。
Web上で公開されている案件は、広くあらゆる人に訴求効果のあるものが多い、もしくは不人気案件でとにかく広く網を張っている案件という傾向があるように思いますが、クローズド案件は特定の経験やスキルに特化したものも多いように思います。自身の希望やキャリアイメージ、経験等を踏まえエージェントが提案してくれるので、思わぬ掘り出しモノ案件や、検討していた業界や業種以外のものもあったりします。これらクローズド案件は、パイプの強い業界や企業から受けている、また、エージェントと求人企業の管理職・役員クラスなどが個人的に繋がっていて依頼を出しているものなどもあるので、エージェント毎に持っている案件が異なります。
メリット② エージェント間の比較ができる
転職活動の期間は、エネルギーも費用もかかります。活動時期はできるだけ短くし、納得のいく活動をしたいものです。パートナーとなるエージェント担当者の対応力で、転職活動期間の長さや結果そのものが左右されるといっても過言ではないと思います。担当者との相性もありますし、先にあげたように持っている案件も多種多様。今の自分とマッチした担当者を会うまでは、エージェントを鞍替えしても良いと思うくらいです。

初めて転職活動する際は、エージェントへの情や申し訳なさから、使うエージェントを絞るケースも多いかと思います。でもそこは「相手も仕事!」と開き直って、色々なエージェントを活用していきましょう。得られるものが多いはずですよ!

看護師 転職

人生で最も多忙だった時期

大学生の頃に新卒での就職活動を行っていた私は、毎日のスケジュール調整に頭を悩ませ続けました。
3回生の秋口から就職活動を開始して4回生になった頃に就職活動を終えましたが、その間日々講義に出席しつつその合間に企業の説明会・筆記試験・面接を繰り返し、深夜や土日にはアルバイトを行っていました。
どうしても受けたい企業の選考と履修している講義の時間が被っていしまっていた時は、出席日数を計算して単位が取得できる範囲までなら欠席したり、教授に事情を説明して出席できなかった部分をレポート提出などの違った形で埋め合わせしてもらったりしました。とはいえ、レポート作成だけでなく就職活動で使用する企業ごとのエントリーシートや履歴書の作成。そしてアルバイト。夜勤のアルバイトに行ってから朝自宅へ帰って3時間仮眠した後に大学や企業の面接に向かうこともしょっちゅうでした。
今の大学生がどれくらいの企業の選考を受けるのか存じませんが、私の頃でも50社~100社と受けている学生はざらにいて、私自身も就職活動を終えるまでに100社近くの企業の選考を受けました。結果的に複数の内定を頂くことができ早い段階で就職活動を終えることができましたが、平日はほとんど毎日複数社の説明会や選考に足を運んでいました。
今振り返っても社会人となった今以上に忙しい毎日でした。
そんなことをしているといくつかの企業の選考が同じ日時でバッティングしてしまうこともしばしばあり、バッティングした中で優先順位の低いと判断した企業にお断りの電話をすることも度々あって悔しい思いをしました。
1回生や2回生のうちから事前に対策を練って準備しておけばもっとゆったりとした就職活動のプランが組めたのかもしれません。
今の仕事に不満はありませんが、もっと計画的にスケジュールを組むことができていれば今と違った人生があったのかなとふとした時に思います。
何事においても余裕を持って挑むことの大切さを就職活動で学びました。

医師 転職 産業医 女性 ママ

転職の際には必ずチェックしておくポイント

自分の仕事を行って行く中でいかにして素敵な毎日を愉しんでいけるかどうかを考える事は多いのではないのでしょうか。仕事は必ずや人生の大半の時間を使っていく内容なのですので業務内容以外に総合的に様々な視点から仕事や業務を考えていかなければならないのです。転職を考える際には会社の社風等にも十分な注意を払っていく事が重要な事となるのです。多くの会社の中から自分にとって最適な仕事や職場とはどのような会社なのかは社風や雰囲気を知る事です。アットホームな社風で長く安定して仕事をする事で多くの収入を得る事も重要な事ですし、ハードな環境に身を置いて自分のスキル等を磨いていく事も自分のキャリアを構築する事も大変重要な事となるのです。仕事を通じて高いレベルでの仕事の内容を身に着けて研鑽を行っていく事は大変重要な事となるのです。普段から高みを目指して自分のスキルを磨いていく事も重要な事となるのです。英語やITの高い専門性を持つ事で自分のスキルアップの中で最適な人生を送っていく事は長い人生の中でのキャリア構築を考える上でも重要な事となるのです。素敵な仕事を行っていく事で必ずや長期的な人生の中で必要なスキルを形成する事ができます。外資系等でハードな仕事を率先して行っていく事で国際的なビジネスマンを目指していく事も当然ですし、マネジメント等を行わずに、自分の専門性を活かして長く社会に還元を行っていく事も重要な働き方となるのです。資格を取りながら自分にとって最適なスキルを磨いていく事で会社というフィルターを超えて真に自分が有効なビジネスマンとして仕事や人生を愉しんでいく事ができます。是非、自分の人生の中で労働や働き方を頑張って継続していく事でベストな人生の中で素敵な思い出を作っていく事を考えてみてはいかがでしょうか。普段から頑張って自分らしく働いていく事で得られる多くの満足を考える事が重要な働き方となるのです。

薬剤師 転職 派遣 転職サイト ママ 女性

働き方も色々あるよね

ひと昔前は終身雇用制度なんてものがあり、卒業して就職すれば定年退職するまで働き続けるというのが主流だった。

しかし、現代はリストラだったり早期退職制度だったり、企業の倒産だったりと必ずしも定年まで働き続けることができなくなっている。

なかにはブラック企業なんてものもある始末。

転職ってそういう昔ながらの制度というか働き続けてこそ一人前の社会人という考えがあり、いいイメージを持たれない人も一定数存在する。

だけど、私の人生は私のものだし、後悔しないように生きたいし、好きな場所で働きたい。そう考えて私は転職しました。

働き続けるなら好きなことをして働きたいし、嫌いなことはなるべくしたくない。

私は人と接する仕事は好きだ。人と話すことで生まれてくるアイデアや気付けることがあると信じているし、それができない職場、時間に追われてただ仕事を作業としてみている人と一緒に働くことができない。
モチベーションが下がるからだ。

仕事を作業として行っている人は給料が少ない、休みが欲しいなんて愚痴をこぼしているがそれならば給料が高い職場へ転職すればいい話だし、休みがとれる職場へ転職すれば?と言ってやりたい。

そういう働くことに不満を感じている人は指摘されることをひどく嫌う。転職して自分が社会に必要とされていないことや収入が下がることを恐れるからだ。

つまり、勝負できるスキルがないから。ただ、なんとなく社会に出て働いている自分が好きなだけにすぎないのだ。

自分が学びたいことを一番に学びたいし、学べることがなくなったら学べる環境に身をおきたい。

好きなことを仕事にしていれば、それが作業にならないことを知っているし、どうすればより今の仕事が楽しめるか、組織全体として私の仕事はどのような位置にあり、将来的にどんなことにつながるのか考えるとわくわくが止まらない。

ネガティブな転職よりもポジティブに転職しようよって話だ。

なんとなくポジティブに働いていると周りの職種の方々と良い関わりが持てるし、転職した後も交流ができてうれしく思う。

常に変化を求めるために私は転職を意識する。

医師 転職 東京 神奈川 埼玉 千葉

職場も自分の部屋も片付けたいな〜と思っている話

今日、休日出勤をしてデスクまわりも少し片付けてきました。しかし、それだけでは不十分でまだまだ不要なものが自分の中にある感じ。というか、引っ越しをして以来、すごく部屋が狭いのでモノを厳選しないと息苦しい感じになってきました。別に物持ちだとは思っていないのですが、どうも狭く感じてしまい。今のところは職場との距離がまぁまぁ近くて気に入っているので、とにかく当面は引っ越す予定もナシ。というわけで、とにかく断捨離するしかないのかな〜なんて思っているところです。
職場も去年の書類がそのままだったりして乱雑な状態なので気持ちも落ち着かずよくないなって思っています。無印良品あたりでグッズを購入して綺麗さっぱりさせたいんだけどなって思っているところです。今年はとりあえず無印良品でグッズとかいろんなものを揃えたいかもって思っていて。ムジラーになるかな?なんて思っていたりもしています。とにかくデスクとか部屋とかもっと片付けて仕事の能率とかをあげたいんですよね〜。テスト作成とかでドタバタしているのですが、そういった自分をもっと褒めるためにも片付け必須だなって思っているところです。明日は朝から授業があるので難しいのですが、今週はグッズを買い込んで大掃除するかななんて考えています。すっきりとした美部屋を目指して、スキマ時間に部屋のデザインとか考えたいです。不要なものと必要なものを分類できるよう、今から頭の中で振り分けしておきたいなと思っていたりもします。

美容 エステ 脱毛 美白

転職活動で大切なこと

私は人材ビジネス業界におりました。人材ビジネスといっても大企業から中小まで色々とありますが、私の居た会社は規模が小さかったため、分業制ではありませんでした。
そのため仕事内容は派遣社員や派遣先のフォローをメインとし、派遣社員の給与計算・労務事務、派遣先への請求等の事務処理から派遣先への営業まで、かなり広範囲の業務をやっておりました。何分人間相手なので毎日が「お祭り騒ぎ」でしたが、その割には会社に評価されず、給与が見合わない!・・・。転職しようと思った一番大きな理由がこれでした。12年とかなり長い間の勤務期間で、それこそ退職するタイミングは何度も何度もありましたが、色々な理由で思いとどまり、その間に経験・スキル面を磨いていたつもりです。

私は当初、別の派遣会社への転職を希望していましたが、登録したエージェントから「派遣会社ではなく、そのスキルを活かして別業種の人事系の求人まで視野に入れてみては?」というアドバイスをいただきました。
今までの経験を活かすこと=同業・・・とばかり思いこんでいたので、そのアドバイスのお蔭でターゲットの枠はかなり広がりました。

転職活動で大切なことは強いモチベーションです。

自分の場合は年齢的なこともあったので「今回の転職は絶対に成功してみせる!」という強いモチベーションを持って臨んでいました。転職活動中も目標を持つこと、これはとても大切なことです。

転職活動も交通費やら写真や履歴書代などの諸々の細かい経費が掛かります。募集している勤務地は近くても、面接場所が遠いと気持ちが萎えますが「もしかしたら新しい出会いがあるかもしれない」「これもまたご縁かも?」と、なるべくモチベーションを落とさない考え方をするように心掛けていました。
退職してから転職活動をする場合は金銭的な面でもプレッシャーが掛かりますが、お金とモチベーションは切り離して考える様にしたほうがいいと思います。

 

 
医師 転職