妊活中はお酒を飲んでいいの?控えるべき?

妊娠中、授乳中の女性は、お酒を飲むこと、アルコールの摂取は控えてくださいと言われていますよね。それは、妊娠中の女性がアルコールを摂取すると、おなかの中にいる赤ちゃんにまでアルコールの成分が伝わり、「胎児性アルコール症候群」を引き起こしてしまうからです。胎児性アルコール症候群とは、生まれてくる赤ちゃんが奇形や低体重になってしまう症状です。また、授乳中の女性がアルコールを摂取すると、母乳にアルコールの成分が入り込み、その母乳を飲んだ赤ちゃんに使わってしまいます。妊娠中や、授乳中はアルコールを飲んではいけません。

では、妊娠超初期はどうなのでしょう?生理が来て、次の生理が来るまで約1ヶ月。排卵後から次の生理まで、気づかずに飲酒してしまうこともありますよね。妊娠の超初期の段階で飲んでしまい、後で妊娠がわかったとしても、自分を責めないでおきましょう。妊娠に気づいた時点でお酒をやめましょう。

次に、妊活中の飲酒はどうでしょう?アルコールは、体にとって異物なので、摂取すると分解しなければなりません。その時に発生するのが、活性酸素です。活性酸素は、細胞を刺激し、老化させてしまう性質があります。その結果、卵子や精子、生殖器を老化させてしまい、妊娠しやすい体作りができなくなってしまいます。活性酸素を除去する効果のある、ビタミンEを摂取していても、アルコールをたくさん飲むと、活性酸素が増えるので意味がありません。

といっても、お酒が大好きで、お酒を飲まないとストレスが貯まるという人は、過度な飲酒でなければ大丈夫です。1日1杯ぐらいのお酒なら、飲んでも良いです。しかし、質の高い卵子や精子、生殖器を作るのでしたら、飲酒はできるだけ控えたほうが良いと言えます。飲み過ぎは、妊娠から遠のいてしまいますよ。

ベジママ ベルタ

大人ニキビケアでやってはいけないこと

大きくて治りにくいことが多い大人ニキビは、メイクをしても目立ってしまったり、痛みを伴ったりすることが多いので、ケアをして早く治したいものですが、早く良くしたいという気持ちや痛みや違和感があるため、気になって触ってしまったり、つぶしてしまったりすることがありますが、やってはいけないことです。
ニキビが化膿して張り裂けそうになってくると特に気になるものですが、力を加えてつぶしてしまうと、あとが残ってしまう可能性がとても高くなるので、我慢して触らないようにしましょう。

また、ニキビを予防するために、メイクや汚れと一緒に、皮脂も溶かして洗い流すことができるオイルクレンジングを使うこともおすすめできません。
オイルクレンジングは、皮脂をオイルが溶かしてしまうため、洗い上がりがとてもさっぱりとして、余分な皮脂をきれいに落としているような気持ちになるため、ニキビ対策になると思っている人がいますが、大人ニキビは、肌の乾燥が原因になっていることが多いため、肌のうるおいに必要な皮脂まで洗い流してしまうと逆効果です。
肌が乾燥することで、肌が自分自身を守るために皮脂を過剰分泌させるために、大人ニキビができてしまうということになってしまいます。

大人ニキビケアをしたい場合には、肌に必要なうるおいを適度に残し、メイクの汚れやほこり、過剰な皮脂を洗い流すことができるオイルカットクレンジングを使用して、肌に刺激を与えないようにやさしく洗い流した後、化粧水などをたっぷりとつけて、水分を補給し、油分を含んだ乳液などで保護するケアがおすすめです。
ニキビができているときは、スキンケアをしない方が肌に良いと思っている人がいますが、大人ニキビのほとんどが、肌の乾燥やホルモンバランスの乱れによる肌の揺らぎによって引き起こされているため、しっかりと保湿をして、肌のターンオーバーやバリア機能が正常に働くように、肌を保湿することが、スキンケアのポイントです。

ニキビケアクリームプラクネの効果